起業資金 融資の受け方

2018.08.04 by 小松幸博

当店ブログを読んで頂き

ありがとうございます。

 

 

 

チャラいトレーナーの真面目な話

 

昨日の続きです

 

ふくにゃん
金融公庫で融資を受けるなら

直接行くのはわかったにゃ

そのあとは何をやるにゃ??

 

 

小松
次にやることは
不動産で実際に物件を見て
見積もりをとることだね

 

 

ふくにゃん
不動産で見積もりを取る物件は
なんでもいいのかにゃ?
何かルールはあるのかにゃ?

 

 

小松
ルールってほどでもないけど
実際にお店を構える物件で
見積もりをとるよ

実際にその場所でお店を構える
前提で話をしていかないと
面接のときに嘘がばれたり
不都合が起こったりするからね

嘘はつかないほうが良いと思うよ

 

 

ふくにゃん
見積もりは不動産だけでいいのかにゃ??

 

 

小松
内装工事の見積もりも出したよ
これも不動産を通じて
実際の物件で見積もりを出して
金額を明確にしてるよ

あと見積もり書は
金融公庫に提出するからね

 

 

ふくにゃん
見積書も提出するのかにゃ!

見積もりを出すと
契約しないといけないのかにゃ?

 

 

小松
不動産も内装工事も
融資を受けることをきちんと話せば
見積もりを出してくれるよ

当然融資を受けたら契約することは
前提で話をしてないと
協力してもらえないとは思う...

 

 

小松
ここまで準備できれば
あとは備品や
運転資金など
必要な経費は創業計画書に書いて
見積書と一緒に提出すれば
後日面接の日程が決まるよ

 

 

ふくにゃん
良く分かったにゃ
融資を受けるなら
色々と書類を準備しないと
いけないにゃ

あとは実際に
不動産に行ったり
内装業者に来てもらったり
自分の時間を使って準備するんだにゃ

 

 

小松
そうだよ
仕事の休みを使って
不動産に行ったり
内装業者に連絡したり
自分で行動しないといけないよ

書類の提出も
直接持って行ったしね

 

 

ふくにゃん
はっきり言って
めんどくさいにゃ!!
そこまでしてでも
自分のお店を持ちたいのかにゃ?

 

 

小松
そうだね
結構手間暇かかるね

だからこそじゃないかな
最初に仕事を辞めて
自分の逃げ道をなくしたのは

「お金がたまったら」
「仕事が落ち着いたら」
「いつか起業しよう」

こんなことを言ってたら
いつまでも
自分のお店も持てないし
起業なんてできないと思う

 

 

ふくにゃん
なるほどにゃ
確かに言い訳できる状態なら
言い訳してやらないにゃ!!

面倒だから
時間がないから
平日は休めないから

結局は金融公庫に行かない
言い訳ばかりになるにゃ

 

 

小松
どうしても起業したいなら
多少の努力はするでしょ??

 

 

ふくにゃん
僕にはわからないけど
努力は必要にゃ

今日はこのぐらいで
勘弁しといてやるにゃ

また明日続きを書くにゃ

 

 

 

The following two tabs change content below.
小松幸博

小松幸博

西宮でパーソナルスポーツクラブFTスポーツのオーナートレーナーをしています。 FTスポーツは体の悩みを運動で改善していくことを目的に初めました。

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加