運動不足で起こる交通事故は減らしましょう!!

2018.06.08 by 小松幸博

当店ブログを読んで頂き

ありがとうございます。

 

運動不足で交通事故は起こることがあります

 

運動不足になることで

脳から筋肉に指令が行きにくくなり

筋肉が反応するまでに時間がかかります

 

ブレーキを踏めと

脳から足の筋肉に指令が出てから

すぐに足が動かないから

ブレーキが間に合わず

ぶつかってしまっているなら

完全に運動不足による事故です

 

 

普通に考えればわかると思いますが

筋肉は脳からの指令で動いています

脳からの動けと言う命令で

手が動いたり足が動いたりしています

 

勝手に手足が動いたりしませんよね

 

脳からの命令を筋肉が

素早く反応できれば、

ブレーキは間に合いますよね。。。

 

運動することは

脳から筋肉に指令を出して動くので

脳と筋肉の電気信号の関係性が良くなり

素早く反応できるようになります!!

 

逆に運動不足なら

脳からの指令は筋肉に行くまでに

時間がかかり反応速度は落ち

ブレーキが間に合わない、となります

 

 

ですから

運動不足で体を衰えさせていれば

事故を起こす可能性は高くなります

 

事故を減らす努力をしないなら

車の運転はやめた方がいいでしょう

いくら車が便利でも

事故に巻き込まれた人や家族が悲しみます

 

車の運転を続けるなら

しっかりと事故の予防にも務めましょう!!

The following two tabs change content below.
小松幸博

小松幸博

西宮でパーソナルスポーツクラブFTスポーツのオーナートレーナーをしています。 FTスポーツは体の悩みを運動で改善していくことを目的に初めました。

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加