休むこともトレーニング!!超回復は休んだ後に起こる

2018.05.03 by 小松幸博

当店のブログを読んで頂き

ありがとうございます。

 

休むこともまたトレーニングです

 

激しいトレーニングの後には

筋肉痛が起こります。。。

 

筋肉痛は今の筋力では耐えきれなくなり、

筋肉繊維が切れて起こります

 

例えば

重たい物を持ち上げるといったことや

普段運動していなくて急に運動すると

翌日に全身が痛い、なんてことがあると思います

これは普段使っている筋肉よりも

強い負荷がかかることで、

筋肉が耐えきれず、切れます!!

筋肉が切れて痛みを出すのが

簡単に言うと、筋肉痛です!!

 

ですから

激しいトレーニングや運動をすれば

筋肉痛になります。。。

 

何より筋肉痛が起こることは

筋肉が成長している証です!!

 

筋肉痛が治る時に

筋肉は今までの筋肉では耐えれないとなり

もっと強くなろうとします

これが超回復です!!

グラフのように筋肉は回復するときに

以前より少し強くなります!!

 

ただし回復させる為の

休養と栄養が必要です

 

ということは

休むこともトレーニングです

筋肉痛から回復した時を狙って

トレーニングすることで

筋肉はもっと強くなります

 

逆に回復を待たずに

トレーニングすると、

オーバートレーニングになり

ケガや筋肉ダウンになりかねません。。。

 

そんなこと言っても

毎日してる人いるよ!!

と思われますよね。。。

 

毎日トレーニングをやる方法も

ありますよ

例えば

今日は上半身で明日が下半身

という感じで、トレーニングする

部位を変えれば毎日できます。。

 

または軽めの運動や体操なら

筋肉痛が起こりにくいので、

毎日やっても大丈夫です

 

もっと簡単に言い換えると

筋肉痛を起こすなら

回復させることも必要です

筋肉痛=休養

 

ですから

トレーニングは一般的に

周に2~3回と言われます

 

トレーニングして筋肉痛になり

筋肉を回復させる

トレーニングして筋肉痛になり
筋肉を回復させる

この繰り返しで筋肉は成長します!

 

筋肉痛を回復させることで

筋肉を成長させ、

筋力アップしましょう!!

 

The following two tabs change content below.
小松幸博

小松幸博

西宮でパーソナルスポーツクラブFTスポーツのオーナートレーナーをしています。 FTスポーツは体の悩みを運動で改善していくことを目的に初めました。

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加