スポーツパフォーマンスは実践的なトレーニングで!!

2018.05.14 by 小松幸博

当店のブログを読んで頂き

ありがとうございます。

 

スポーツパフォーマンスの向上は

実践的な動きによって作られます。。。

 

ウエイトトレーンイグやストレッチ等

実際の動きに合わせて必要なところの筋肉を

鍛えますが、実際の動きをやらないなら

ただ筋肉がついただけになり、邪魔になります

 

当店に通われているお客様で

ボートの競技をしているお客様がおられます。

ご自身でもウエイトトレーニングをしたり

毎週ボートを漕ぐパドリングもしています

 

せっかく鍛えた筋肉が

ボートのレースに活用できないなら

お客様にとっては全く意味のない筋肉で、

競技によっては邪魔になります。。。

 

筋トレ=パフォーマンスの向上

にはならないのです!!

 

例えば

パドリングに効果のない筋肉をいくら鍛えても

力強いパドリングにはならず、

競技成績は上がりません。。。

 

競技を変えてみてもそうですが、

100Mの選手がスクワットばかりして、

太ももの筋肉が大きくなり、太くなっても

走るのが早くなるとは限らないのです

足の筋力=走る速さには繋がりません。。。

 

もし筋力=走る速さなら、

ボディビルダーは世界一速くなります。。。

ボディビルダーは筋トレのプロですから、

筋力の鍛え方を熟知しています

 

ですが結果は違いますよね

早く走るには、

早く走る為の実践トレーニングがあり

それに+ウエイトトレーニングとなるだけで

筋力アップが必ずパフォーマンスを

向上させるとは限りません。。。

 

話を戻すと

ボートレースに関係のない動きの筋力を

いくら頑張って鍛えても、競技に関係なく

無駄な努力となります。。。

 

もっと言い換えれば

トレーナーの意見よりも、

お客様が実際の動きで力を発揮できるように

お客様に聞くしかないんです!!!

お客様が望んでいない筋肉を鍛えることは

お客様に無駄な努力をさせているんです。。。

 

もう一度言います

お客様の望んだトレーニングは

お客様に聞くしかないんです!!!

 

お客様の理想は

お客様に聞かないとわかりません。

スポーツパフォーマンスは特に

体をどのように作り変え、

どのような動きを実現したいのか

そのために必要な

柔軟性と筋力をつける事が重要です!!!

 

ですから遠慮せずに、わがままを言いましょう!!

 

実際の動きとリンクしたトレーニング

ストレッチでパフォーマンスを向上させましょう

 

The following two tabs change content below.
小松幸博

小松幸博

西宮でパーソナルスポーツクラブFTスポーツのオーナートレーナーをしています。 FTスポーツは体の悩みを運動で改善していくことを目的に初めました。

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加