О脚、ガニ股改善プログラム

2017.10.06 by 小松幸博

О脚やガニ股を改善するためのプログラムです

なぜ足が外向きになってしまうのか?どうして膝が外に向いてしまうのか?という原因を知らなければ改善されることはありません。

整骨院やマッサージ等に行ってもなかなか改善されないとお悩みなら根本的な原因を取り除いていかないと改善されたことにはなりません。

 

ふくにゃん

今日はО脚の改善方にゃ !!!

改善するためには原因を知る必要があるにゃ。どうしてО脚になってしまうのか考えないと本当に改善されたことにならないにゃ

一時的にマシになったり痛みが取れても根本的な原因が改善されてないなら何度も繰り返してしまうにゃ 小松解説するにゃ

 

小松

О脚になる原因は沢山あるけどね

まずはお尻の筋肉が硬いとО脚になりやすいということが、多いからお尻の筋肉につて話していくよ

写真と動画を使って解説していくね

お尻の筋肉は股関節の外転(外側に足を向ける)といいう作用をしています

小松

写真のように尻の筋肉が硬くなって股関節 つま先が 外向きになると必然的に膝も外側に向きます

このままにしておくと、足が外側を向いたままの状態をキープしてしまいます。

ふくにゃん

なるほどにゃ 膝が外側に向いていくのはお尻の筋肉が固まって足の骨を外に向かせているから起こっているにゃ!

つま先も外に開いてガニ股にゃ かっこ悪いにゃ

ふくにゃん
このまま歩くと、どうなっていくにゃ??

 

小松

写真のように膝が外を向いたまま歩いていくことになるから、どんどんО脚やガニ股は進行していくよ。

この状態で生活を続けていくと膝の骨が変形してしまったりすることもあるから、できるだけ早く改善してあげないと、後々大変なことになる可能性もあるよ。

 

ふくにゃん

膝の骨が変形してしまったら大変にゃ!!!

膝が変形することで膝が痛くなったり綺麗に歩けなくなったりするから歩くのが嫌いになりそうにゃ

 

小松

そうなんだよね!痛みがあると歩けないし、歩かなくなると足の筋肉が弱っていくから悪循環に陥ってしまうんだよ。

そうならないために改善するためのストレッチがお尻のストレッチ!!!

まずはお尻の筋肉のストレッチをしてあげることで固まったお尻の筋肉を柔らかく柔軟にしてあげましょう!ストレッチの目安は15秒です

お尻の筋肉が柔らかくなることで、足が外向きにならないようにしていきます。お尻の筋肉が硬くてО脚やガニ股になっているならこれで改善に向かいます その他にも お尻の筋肉が柔軟になると、腰痛の予防や股関節の痛みの予防、姿勢改善、血流の促進、などなど色々な効果も期待できます!!!

 

ふくにゃん

このストレッチはお尻の筋肉にきいてるにゃ!!!

ストレッチは痛気持ちいにゃ

 

小松

ストレッチは筋肉が伸びるようになると、気持ちよくなってくるからね。

お尻の筋肉を緩めて、足の向きが真っ直ぐになったら 普段の歩き方も変えてあげるとО脚やガニ股の予防と改善になります。

写真のように真っ直ぐ足を使って歩くことでО脚やガニ股にならないようにしていきます

基本的には つま先、膝、股関節が同じ方向を向くようにします

お尻の筋肉が柔軟になったら歩き方も注意することで、再発防止や、О脚やガニ股の予防にもなります

 

ふくにゃん

お尻の筋肉が柔軟で歩き方も注意すれば自分でО脚やガニ股は予防 改善できるにゃ!!!

それでもО脚やガニ股に悩んでいるなら一度FTスポーツに行くしかないにゃ

最後まで読んで頂きありがとうございますにゃ

FTスポーツをもっと詳しく知りたい人はこちらから

↓  ↓  ↓

The following two tabs change content below.
小松幸博

小松幸博

西宮でパーソナルスポーツクラブFTスポーツのオーナートレーナーをしています。 FTスポーツは体の悩みを運動で改善していくことを目的に初めました。

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加